2017年08月/ 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月
articles + comments
category
profile
shops
favorite links
RSSフィード
hand made blog ring
ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CoRichブログランキング
↑なかなかがんばってるなと思ってくださった方、ポチっとお願いします!!

【記事編集】 --:--| スポンサー広告|
エリツィン前ロシア大統領が死去
2007.04.24 (火)
エリツィン前大統領が死去 旧ソ連解体を主導

保守派クーデターが起こり、ゴルバチョフがクリミアに軟禁され、エリツィンが戦車の上に立ってこのクーデターを未遂に終わらせたのが、1991年8月。

私がモスクワに留学したのが、ちょうどこの1年後でした。
1992年モスクワ、ペレストロイカのあと。

急激な市場経済化に伴う混乱、貧富格差の拡大、治安悪化、汚職、等々。

この傍若無人なエリツィンのおかげで、私の留学生活はダークなイメージばかりが残っている。


ロシア人の前で、ゴルバチョフの名前を口にすると、あからさまに嫌な顔をされた。
「こんな堕ちた国にしてしまったのは、ゴルバチョフのせいだ」って。
でも、私に言わせれば、エリツィンの舵取りが失敗したせいだろうって思うのですが。

その後、ドイツの首脳との席で、酒によって踊るエリツィンをTVで見た。
「モスクワの街角で転がってる酔っぱらいのおっさんたちとどの程度の差があるんだろ、この人…」と疑問を感じたものです。

私のロシア留学からずいぶん時間がたったなぁと思っていたけど、
エリツィンが死んで、さらにひと時代終わったなと感じました。

BOOKS
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

ゴルバチョフ・エリツィン革命
ボリス・エリツィン
エリツィンとゴルバチョフ
スポンサーサイト
CoRichブログランキング
↑なかなかがんばってるなと思ってくださった方、ポチっとお願いします!!

【記事編集】 06:45| ロシア| トラックバック:0| コメント:2Top↑
コメント
日本人は、かなりゴルバチョフすきなのにね
早速、ゴルバチョフとエリチンの本読んでみますでもあのころロシアにいたなんて、すごい経験ですねいかれた動機は何ですか
しらべ | 2007.04.29(日) 22:36 | URL 【コメント編集
ロシア留学の動機とおすすめ本
一度は留学を経験してみたかったというゆる~い動機だったんですが、私のHPにも書いているように、想像以上に大変でした。
今となってみれば、あの時期にモスクワにいられたことは本当にいい経験でした。

私はNHKモスクワ駐在員だった小林和男さんとロシア語通訳者(すでに故人ですが)米原万理さんの書く本が好きなんですが、もしご興味があったら、私のHPのこちらで紹介してますのでご覧になってみてください。
http://www.blueblood.jp/moscow1992/book_film/#documentary
ゴルバチョフ、エリツィンのことも含め、ロシアのことをいろいろな視点から書かれているので、とてもおもしろいです。
soba_ka | 2007.05.01(火) 01:42 | URLコメント編集
コメントを投稿する
URL
コメント
パスワード 編集・削除するのに必要
非公開: 管理者だけにコメントを表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
ランキング参加してます
1992年モスクワ、ペレストロイカのあと。
books
shops 生活雑貨
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。