2017年11月/ 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月
articles + comments
category
profile
shops
favorite links
RSSフィード
hand made blog ring
ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CoRichブログランキング
↑なかなかがんばってるなと思ってくださった方、ポチっとお願いします!!

【記事編集】 --:--| スポンサー広告|
流血の惨事!
2007.11.20 (火)
昨日の夕方、リビングの子供用ジャングルジムの一番上から次男が顔面から落ちた。

抱き上げてみたら、
下唇を1cm強パックリ切れていて、顔面半分が血だらけ。
次男は号泣。

「どうしたの?りっくん、押したの?」
「ごめんなさい!」と長男。
ここで叱り飛ばしてる暇はないと思い、グッと堪える。
涙目になってワナワナしてる母と顔面血だらけの弟を見て、
ショックのあまり、長男は唇を震わせて「ごめんなさい~」と泣いていた。
(後で、次男が自分で落ちちゃったんだよって言ってた。
私がいきなり「押したの?」って聞いたから、反射的にごめんなさいって言っちゃったみたい。
悪いことした。)

採血の時、目をつむってないといられないほど、血に弱い私。
全身から力が抜けそうになるのを必死に押さえました。

どうしよう!
かかりつけの医者?旦那?
あ、救急車呼んじゃおう!

ということで電話しようとしたけど、110番?107?116番?
パニックでわからない~。
受話器は何度も落とすし、大騒ぎ。
110番ではなさそうだから、119番かな?と思って電話。

傷口がぱっくり裂けてて、血が流れてとまらない~。
傷口が心臓より上の時、頭は上だっけ?下だっけ?・・・・・・・下?(←これは間違い)
きゃー、口の中に血がどんどんたまっちゃう~。
とりあえず、真横にずっと抱きかかえたままで、病院にいく準備をする。
よかった。
パジャマとか下着姿とかじゃなくて~。
子供たちもパンツ一丁とかじゃなかったので助かった~。

救急車の中で、救命士さんに事故状況の説明をしてたら、
「それと、ひじのほうは?」と聞かれた。
ひじ?
それは前日の話ですけど、なんで知ってるの?私言ったっけ?
実は、その前の日の晩、長男が次男に馬乗りになってひじを脱臼させたのです。
パニクってて関係ないことまでベラベラ話してた模様。


病院に着いて、早速、縫うことに。
「きれいに縫えるかどうかわかりません。お子さんがじっとしていてくれれば。場合によっては痕になるかも。」
そ、そ、そんな!
1才の子に、唇縫うけどじっとしてろっていうほうがどうかしてるだろ!
なんてこと言うんだこの医者は!
こんな未熟そうな若造に縫わせてたまるか?!

と心では叫びつつ、「お願いします」というしかない私。

廊下まで次男の号泣する声が聞こえて、
守ってあげられなかった自分が許せなくて、涙がでちゃって。
命に別状はないものの、子供の泣き声をただ聞くしかないって本当に切ないです。


口の下から顎にかけて仰々しくテープで処置されて帰宅したのですが、
今朝起きたら、それをとっちゃったみたいで、見たくもない傷が丸見え。
ひゃー、毛が生えてるの?!
とよく見たら、真っ黒い糸。
唇、3倍くらいに腫らしてる上に、唇から毛が生えてる幼児。
しかも、風邪っぴきで、常に両鼻から青っ洟を垂らしている状態。
我が子ながら、
ひ、ひどい顔だ。


今朝は、ごはんからおかずからおやつまでいつも通りの勢いで食い散らかしていた次男。

痛くないのかね。

口の中もガッツリ歯で傷つけちゃってて、
見ると相当グロテスクな2cmほどの傷が・・・。
口の中はすぐ治癒するからってなんにも治療されてないのに。
口の中も外も傷だらけなのに、なんでこんなに食べられるんだ?

思ってたより大丈夫そうだ。

それにしても、ひじ外れるは、口パックリ切るは、散々な一日でした。
スポンサーサイト
CoRichブログランキング
↑なかなかがんばってるなと思ってくださった方、ポチっとお願いします!!

【記事編集】 23:36| 次男| トラックバック:0| コメント:8Top↑
コメント
お大事に
大変な一日でしたね
でも小さな時の傷って薄くなって目立たなくなるって言うし、きっとすぐよくなりますよ!
ケロッとしてくれてよかったですね
お大事にしてください
深街瑠伽 | 2007.11.22(木) 23:10 | URL 【コメント編集
(>_<)
 キャー!流血騒ぎに弱いです~(>_<)読んでて、唇が痛くなってきたっっ。

 それは、パニックになるよ。分かる!分かる!一瞬で、110番も119番も分からなくなるよ。ほんと、ビックリしたね。それも、大人は自分一人だもの。

 傷が残らないといいね。まだ小さいから新陳代謝も激しいし残らないと思うな。ちょっと違うけど、うちの息子も3歳の時、アイロンで手に大きく火傷をして「傷は残るかも」って言われたけど、8歳の今は傷は綺麗に消えてるから。

 お兄ちゃんもビックリしただろうね。下が泣いてるときに近くに上の子がいると、つい君の仕業かね?って思っちゃう。駄目だね。私も反省。

 しかし…普通にご飯が食べられるってすごいね。大人なら食べられないだろうな…これも子供のなせる業?

 早く、傷が治りますように。sodaさんも、精神的にビックリしてショックもあるだろけど考え込まないようにね。
グミっち | 2007.11.23(金) 08:08 | URLコメント編集
大変なことがあったんですね。
読んでてもう力が抜けちゃって。ドキドキしちゃいました。とにかく、大丈夫そうでよかったです!

長男君もびっくりしたでしょうね。
次男君、傷がふさがったら抜糸とかあるんでしょうか・・・。考えただけでまた力が抜けてしまう~。

でも食べ物を食べられるならほっと一安心ですね!次男君、お大事に・・・。
じゅあもんママ | 2007.11.24(土) 14:37 | URLコメント編集
大丈夫ですか??
お久しぶりです。
久々に訪れてみると…
大変なことになっていたのですね。
お子様大丈夫ですか??
ほんと、子供の怪我はいる起こるかわかりませんよね。大事にしてあげてくださいね。お兄ちゃんもびっくりしてきっと心配したでしょう。
masayo | 2007.11.27(火) 21:49 | URL 【コメント編集
瑠伽さんへ

返事が遅くなってすみませんでした!
次男にとっては、本当に災難続きな1週間でした。
頭打ったり、歯が折れたりしてなかったのが、不幸中の幸いでした。
soba | 2007.11.27(火) 22:55 | URLコメント編集
グミっちさんへ

いろいろ慌しくしてたら、あっという間に一週間。
返事が遅くなってしまいました。
お兄ちゃんもアイロンで火傷しちゃったんですか!
男の子はねぇ・・・無傷で育て上げるのはむずかしいっていうけど、本当にそうだと実感しました。
傷のほうは確かにきれいになってました。
若いっていいよね!
あれだけ激しく口の中も切ってたのに、ほぼきれいになってました。

事故の時、ベーベー泣いていた長男は、病院から帰る頃にはケロっとして、次男にあげたジュースを横取りするし、「口から毛が生えてる~」と次男を笑ってるし、もうすっかり忘れてる様子です。
soba | 2007.11.27(火) 22:56 | URLコメント編集
じゅあもんママさんへ

返事がおそくなっちゃってごめんなさい!
今日、抜糸してきました。
診察室に入って先生の顔みただけで、号泣しちゃって。
1才の子でも、あの時の恐怖とか痛みとか蘇ってきちゃうんでしょうね。
でも、診察室出る時は、笑顔で全力でバイバイしてました。
立ち直るのも早い!
soba | 2007.11.27(火) 22:56 | URLコメント編集
masayoさんへ

お久しぶりです!
そうなんです。男の子ってやつはねぇ・・・。
この事故の数時間前に、「男の子はキケンなことするから気をつけないとね」って友達と話してた矢先でした。
口切ったくらいで済んでよかったですけどね。
次男はジャングルジムの上で、懲りずにまた両手離して雄たけびをあげてます。全く・・・。
soba | 2007.11.27(火) 22:57 | URLコメント編集
コメントを投稿する
URL
コメント
パスワード 編集・削除するのに必要
非公開: 管理者だけにコメントを表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
ランキング参加してます
1992年モスクワ、ペレストロイカのあと。
books
shops 生活雑貨
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。